わきが臭の役割

Pocket

わきが臭の役割

わきが臭に役割があるの?なんて思われるかも知れませんが、実際にわきが臭は何のために存在しているのでしょう?それは異性をひきつけるフェロモンのような役割といわれています。わきが臭が発生する原料となるはアポクリン腺から出る汗。このアポクリン腺が分布する部位は、脇の下、陰部、乳首周辺です。この分布する部位からもセックスと深くかかわっているようです。

そのためこのわきが臭はセックスアピールの臭いとも言われています。もちろん全ての異性を引き付けるわけではありません。当然その臭いを嫌う異性もいるのですが、逆にわきがの臭いを好む異性がいることも事実です。このわきがの臭いにより本能的に子孫を残す相性の相手なのかどうなのかを判断しているのかもしれませんね!

わきが臭も汗臭の一種ですので、エチケットとしての対策は大切ですが、何らかの意味があって発生するニオイのようです。そもそもニオイを感知する嗅覚というのは不思議な感覚で、未だニオイに関しては研究が遅れており解明されていない分野でもあるようです。

ニオイとはニオイ物質のことで、小さいながら存在する物質です。多くは気体の状態です。ガスですね。ですので空中を浮遊します。浮遊するニオイ物質が鼻に入ると、その信号が脳に伝達されニオイを感じるのです。ちなみに人間が感知できるニオイ物質の種類は数十万種類あると言われています。

 

【関連サイト】 わきがは治るか 体のにおい わきがのチェック 痔ろうの臭い いんきんたむしの臭い

ワキガ臭い わきがの女性 すそわきが対策 わきが におい